残土ふるいを活用【工事現場から出るごみは産業廃棄物】

土の有効利用のために

工事現場

土の再生技術

農地の区画整理や建設現場から多量の土砂が出た際、そのままでは土として再利用することは難しいことがほとんどです。その理由は大小の石やごみを多く含んでいるためです。最初に利用しはじめる時点では土に不純物が混ざっていなかったとしても、利用期間が長くなるほど様々な不純物が混入するため、長期間利用された後の土は処理をしなければ再利用ができません。このリサイクル工程のことを残土ふるいと呼びます。残土ふるい処理では大量の固い土を処理するため、大型の機械を使わなくては処理が行えないことがほとんどです。建設事業で出た残土は産業廃棄物として扱われますが、コンクリート等の建材や石を分別すれば廃棄する必要はなく、リサイクル利用が可能となるので、コスト削減だけでなく環境にかかる負荷の軽減という観点からも有用な技術といえます。このように残土ふるい機は廃棄物とされていた土を有効利用できる状態に戻せるため、土壌改良機というカテゴリに分類されることもあります。メーカーでは新品、中古の残土ふるい機を販売していますが、頻繁に利用することがないならリースでも提供されています。最近ではネットで利用を申し込むこともできますので、状況に応じた方法で入手すれば良いでしょう。機械は大型で、振動を利用して土をふるいわけるため、騒音は大きくなることがあり、固く押し固められた土を砕くため、人体を巻き込むことのないよう、十分な安全対策をしながらの稼動をしなくてはなりません。

Copyright© 2018 残土ふるいを活用【工事現場から出るごみは産業廃棄物】 All Rights Reserved.