残土ふるいを活用【工事現場から出るごみは産業廃棄物】

残土は選別しよう

男性と女性

土の再利用が可能に

工事現場で作業をおこなっていると、廃材の切れ端や細かくなったコンクリートなどのガレキが辺り一面に散乱するケースがあります。もちろん、そのガレキは綺麗に後片付けをしなければいけないので、しっかりと掃除をすることになるでしょう。しかし、狭い範囲ではなく大きな範囲の工事だと、廃材やコンクリートのみ掃除するのはかなり手間がかかります。そのため、ガレキの処理をおこなう場合は、ある程度は地面の土も巻き込んで大胆に掃除をしてしまうでしょう。その作業をするときに、役に立ってくれるのが残土ふるいをおこなってくれる便利な機器です。残土ふるい機に通すと、ガレキを選別してくれますので、本当のゴミだけをきちんと処分することができます。残った残土は資源になるため、残土ふるい機を使わずに、すべて捨てるという選択肢は選ばないように気をつけましょう。なお、現場で残土ふるい機を活用したいと考えるならば、購入かレンタルを選ぶ必要があります。レンタルは安く済みますが、そのたびに料金がかかるので、しょっちゅう利用するなら残土ふるい機を購入してしまったほうがよいです。どの方法が一番コストパフォーマンスが高いのか、しっかりと調べて、最適な選択で残土ふるい機を使い始めることをおすすめします。なお、残土ふるいは新品だけではなく、中古でも販売されているので、費用が心配ならばそちらの選択肢も考えましょう。ただし、中古は劣化具合が商品によって異なるため、より慎重に選ばなければいけません。

Copyright© 2018 残土ふるいを活用【工事現場から出るごみは産業廃棄物】 All Rights Reserved.