残土ふるいを活用【工事現場から出るごみは産業廃棄物】

事前の調査が決め手です

男の人

移動型か設置型か

各種の工事現場では、色々な課題が発生します。残土ふるいもその一つです。よく、工事現場で土を沢山積んだトラックをお見かけすると思います。実は、農作物を育てるのも建物を建てるにしてもまず土地を掘り起こす作業が出てきます。その掘り起こした土は残土と呼ばれて、微生物等をふるい落とす「残土ふるいの性能」がついたマシンで選別します。これをする事で、農地なら新たに再生材料として埋めなおします。この残土ふるいは移動できるものから、大工場に設置されている物の様に設置型のタイプまで、様々な物が現場で活躍しています。設置型のもので、プラントと呼ばれているものは大変、大きい設備です。よく現場のトラックが搬入をしている設備です。これは、廃棄物の残土ふるいも行う事ができるので、大変便利です。一方、現場がいくつもある場合は、クイック式の工作機械やベルトコンベアーの性能のある移動型マシンを使う方が業務が早いです。また、網目を調節できる機能もあるので、現場の土の質で作業効率も変化してくるでしょう。この様に、工事で迅速に行動し、労働災害を未然に防ぐにためには過去の業務のノウハウと工事前の調査が大事です。準備を念入りに行う事で、よい工事を行う事ができます。現在は、維持費のコスト削減から、レンタルで業務を行う事が多い様です。マシンの性能について、詳しい内容を公開している工作機械レンタル企業のHPがありますので、それを参考にするのもいいですね。ひとつ、ひとつの仕事をこなして、実績を積んでいきたいものです。

Copyright© 2018 残土ふるいを活用【工事現場から出るごみは産業廃棄物】 All Rights Reserved.