残土ふるいを活用【工事現場から出るごみは産業廃棄物】

現場に欠かせません

婦人

作業効率が上がります

残土ふるいは現場では必須です。どういった場面で必須かというと土の純度を高めて良質な物を作る場面です。土を活用しようとなったときに純度が低かったり、様々な層の土が混ざっていることがあります。また、不溶物が混ざっていることもあり、そのような状態にあると水はけが悪くなってしまいます。だからといって人間の手作業で不純物を取り除くのは非効率です。そこで効率よく質の良い土を作る為に残土ふるい機が必要となってきます。残土ふるい機は土をふるいにかける機械の事を指します。残土は土木工事で穴を掘った際などに不要になった土で正式名称は建築発生土です。残土ふるい機の種類は産業用と家庭用の二種類に分かれています。産業用の場合は土をふるう量が多くなってくるため、電動式になっています。さらにふるいにかけた土を運んでくれるベルトコンベアも必要となってきます。企業で使うのであれば、もちろん産業用のふるい機を使うのがベターです。残土ふるい機は企業でも使われているわけですが、どのようにして手に入るのでしょうか。それはまず一つの方法としてメーカーからの購入です。トラクターなどといった他の機械同様に購入して自社で使うというものです。他には残土ふるい機のリースをしている会社もあるのでそこで必要なときに借りて、現場で使うということもできます。他には小型の物の場合は通販で買えるものもあります。本格的な利用をするのであれば残土ふるい機はメーカーから購入するのが一番です。どういった種類のものを使えばいいのかや現場での作業効率を考えて、購入してみましょう。

Copyright© 2018 残土ふるいを活用【工事現場から出るごみは産業廃棄物】 All Rights Reserved.