残土ふるいを活用【工事現場から出るごみは産業廃棄物】

婦人

現場に欠かせません

残土を利用するために残土ふるいの作業は現場で必須です。残土ふるい機という土をふるう特殊な機械を使って、純度の高い土を作ることができます。残土ふるい機はメーカー購入か、リースか、通販で手に入れることが出来ますが、本格的な物を手に入れたい場合はメーカーで購入するのが一番いいです。

詳しく見る

男の人

事前の調査が決め手です

残土ふるいは現場の状況により適した性能のマシンを準備しましょう。土はどんな性質のものであるか、廃棄物も出る可能性があるなら搬出・搬入の性能もあるマシンも導入する必要があります。長年の経験と事前の現場調査が大事です。

詳しく見る

工事現場

土の有効利用のために

建設現場から出る土は様々な不純物を含んでいるため、廃棄物として処理せねばなりませんが、残土ふるいを行って土やコンクリート、ゴミを除去することで再度土資源として利用することが可能となるので、残土ふるい機を有効に使ってコスト削減を図りましょう。

詳しく見る

資源として活用する為に

工事現場

工事現場での必要性

建設現場においては、特殊重機を導入し工事などが進められている。これらの特殊重機として重要視されているものに、残土ふるい機がある。残土ふるい機は、土と砂を分けたり、石やごみなどをふるい分けるために利用される重機である。工事現場においては、土壌改良などにおいて砂と土をふるい分け分離させたいというケースがある。それにより地質を一定化でき、その後の建設作業などを進めていくことが可能になる。また、最近では工事現場におけるゴミの分別作業も重要になっている。工事現場から出るごみは産業廃棄物として処理する必要があり、その際には一定の規則に従いゴミを分別した状態で廃棄しなければならない。そのような際には、残土ふるい機が活用できる。残土ふるい機では、網の細かいものと荒いものを組み合わせながら振動を掛けることで砂と土の分別などを行なうことができる。これらが無い時代では、手作業による分別が必要になり多くの時間と量力が必要となっていた。しかし、残土ふるい機を導入することで、ふるい分けたい残土を重機に投入するのみで自動で振り分けしてもらうことができる。また、残土ふるい機を活用し瓦礫などの分別を行うことでリサイクルに回せるということもある。瓦礫が混合された状態の場合には、廃棄物になってしまうが振り分けを行い分別されることでリサイクルとして活用できることがある。これらにより、資源として活用できる可能性が出ることもある。

男性と女性

残土は選別しよう

工事現場でガレキを選別したいと考えるのなら、残土ふるい機を利用すれば、一発で解決することができます。残土ふるい機なら、ガレキだけを取り除き再利用できる土を選別してくれるので、資源として再利用することが可能です。

詳しく見る

男性

地中の中の物をより分ける

残土ふるい機は、建設用地や耕作地の改良に大きな力を発揮します。地中の岩やごみの取り出し以外にも、運搬、粉砕など様々な作業を行う機械があります。そして、残土ふるい機は、鉱石の採掘現場でも活躍しています。掘削した岩石をその場で分別して振り分けるハイテクな機能も備えているからです。

詳しく見る

Copyright© 2018 残土ふるいを活用【工事現場から出るごみは産業廃棄物】 All Rights Reserved.